いちろう通信「45号」

真価を発揮する年、2012年が始まりました!

戦後長きに渡って政権の座に胡坐(あぐら)をかいてきた自民党に嫌気が差し、09年夏に国民の圧倒的支持を受け政権交代を果たした民主党も度重なる失政の連続に今や軽蔑の対象に成り下がりました。その結果、多くの国民が政治不信に陥り、多くの国民が日本の政治レベルの低さに強い憤怒を抱くことになりました。

この現状を打破するには結局のところ、政治家・議員自らが変わるしかありません。つまり政治家・議員の資質を向上させる以外ないということです。

今後日本の政治は大きく変革を迫られるのは必至ですが、体制や制度が変っても政治家・議員の資質は改善されないことは今まで嫌というほど見せ付けられてきました。

今豊富な発信力で急激に勢力を伸ばし始めている地域政党もその意味からいえば同じ宿命を背負っているといえます。

ならば、政治改革という前に先ず、政治家・議員自らが変るしかありません。

公明議員は皆、現場の中でその方程式を体に染み込ませています。

 

障がい者就労支援が市役所で!

市役所の食堂跡地を、「障がい者の就労支援の場に」というお声を頂き、公明党が中心になり実現に向け、取り組んできました。
その結果、軽食喫茶としての機能を持つ作業所を、食堂跡地に設置することが決定し、障がい者の就労を支援していくことになりました。今着々と準備が進められていて、今年7月のオープンを目指しています。
運営費は訓練等給付費を活用します。

 

  • メールアドレス:i-ohara@mtb.biglobe.ne.jp
  • 電話番号:53-1111 内線285公明党控室
  • 自宅電話:63-7610
  • 自宅FAX:63-8345

大原一郎はfacebook
情報発信しています。

大原一郎のブログページ
大原一郎のブログページ

ーーーーリンクーーーーー

ーーーーーーーーーーーー

【大原一郎連絡先】

メールアドレス:

i-ohara@mtb.biglobe.ne.jp
電話番号:53-1111 

内線285公明党控室
自宅電話:63-7610
自宅FAX:63-8345

ーーーーーーーーーーーー

☆本日の公明ニュース☆

政策・実績 訴える3つのポイント
公明生活者を守る 石田政調会長に聞く
>> 続きを読む

生活者の声を国政に
上田氏が子育てママと懇談 横浜市
>> 続きを読む

安全・安心な社会築く
中川氏 街頭演説会で決意訴え
>> 続きを読む