いちろう通信「59号」 平成27年7月

 衆院憲法審査会が6月4日に与野党が推薦した憲法学者3人が、民主党の質問に対し集団的自衛権の一部行使容認を含む安全保障関連法案は『憲法9条違反』と答えたことを引き合いに出し野党各党は、反対攻勢をかけようとしていますが、憲法学者の中には政府の見解は違憲でないという学者も含め、実際にいろいろな考えの方が存在します。しかしながら法案が合憲だから平和が保たれ、違憲だから平和が保たれないという事ではありません。

 日本が平和維持に対して何もしなくても周辺の安全が脅かされるリスクが急激に増大している現実に対して、そのリスクを軽減するために隙間の無い自衛のための準備をし、抑止力を高めた上で、外交力をフルに発揮することが最も理にかなっていると思います。

 今回の法整備で自衛隊の役割が拡大し、自衛隊員のリスクが高まるとの批判がありますが、それぞれの法案で自衛隊員の安全確保のための仕組みが盛り込まれています。

 何れにしても、日本が何もしなくても勝手に増大する周辺リスクの方が、今回の法整備で反対派が発生するとしているリスクよりはるかに大きいことは明らかです。

 憲法学者の間で、今まで自衛隊や日米安全保障条約が違憲かどうかという議論はあっても、我が国の安全保障環境の急激な変化を踏まえつつ、9条と自衛の措置の限界について突き詰めた議論がなされてこなかった事がむしろ問題だと思います。

 平和は観念論だけでは守れません。現下の安全保障環境をどう認識し、その上で、国民を守るためどのような安保法制を整備する必要があるのか。また憲法との適合性をどう図るのか。為政者たるものこうした議論を真摯に詰めることは至極当然だと思います。


1冊1万円 12千円分利用可能

  (1,000×12枚綴)

  (小型店専用1,000円券×6枚、小型店・中大型店共通1,000円券×6枚)

   但し、購入限度 一人5冊まで


利用期間: 平成27年7月24日(金)~1031日(土)

購入方法: 「奥河内かわちながの夢かあど」のチラシに付いているハガキ または、市販されている往復ハガキでの申し込みです。

「奥河内かわちながの夢かあど」のチラシは 620日(土)の 新聞折り込み、市内取り扱い店舗、市役所等公共施設に設置

引き換え券の送付: 7月20日(月)頃事務局より引換券(返信はがき)を送付

引き換え場所・日時:

◎河内長野市役所 平成277/24(金)~8/2(日) 午前9時~午後8時まで

 8月1日(土)は販売しません

◎三日市情報コーナー 平成277/29(水)・31(金)午前10時~午後1時まで

◎三日市市民ホール  平成277/29(水)・31(金)午後1時~午後430

◎ノバティホール   平成27 7/24(金)・31(金)午前10時~午後5時まで

◎千代田西友     平成277/25(土)・26(日)午前10時~午後5時まで


問い合わせ先:河内長野市商店連合会 かわちながの夢かあど事務局

    電話:0721-54-5686

【大原一郎連絡先】

  • メールアドレス:i-ohara@mtb.biglobe.ne.jp
  • 電話番号:53-1111 内線285公明党控室
  • 自宅電話:63-7610
  • 自宅FAX:63-8345

 

大原一郎はfacebook
情報発信しています。

大原一郎のブログページ
大原一郎のブログページ

ーーーーリンクーーーーー

ーーーーーーーーーーーー

【大原一郎連絡先】

メールアドレス:

i-ohara@mtb.biglobe.ne.jp
電話番号:53-1111 

内線285公明党控室
自宅電話:63-7610
自宅FAX:63-8345

ーーーーーーーーーーーー

☆本日の公明ニュース☆

政策・実績 訴える3つのポイント
公明生活者を守る 石田政調会長に聞く
>> 続きを読む

生活者の声を国政に
上田氏が子育てママと懇談 横浜市
>> 続きを読む

安全・安心な社会築く
中川氏 街頭演説会で決意訴え
>> 続きを読む