いちろう通信63号

 政府が来年度から実施予定の無年金者対策で、新たに年金を受給できるようになるのは計約64万人に上ることがわかりました。

 年金の受給に必要な加入期間(受給資格期間)を現行の25年から10年に短縮し、来年秋にも支給が始まる見通しになりました。

必要な国費は年間約650億円です。

厚生労働省は秋の臨時国会にも関連法案を提出し、既に提出している別の年金制度改革法案と一括で成立させる意向です。

 対象となるのは60代前半から厚生年金の一部を受けられる人と、64歳以上の計約64万人で、年金を請求する手続きが必要となります。

但し、日本年金機構の準備にも一定の期間がかかるため、支給開始時期は18年にずれ込む可能性もあります。

 受給資格期間の短縮は12年の「社会保障と税の一体改革」では、消費税率10%への引き上げ時に実施すると定められていました。

 消費税増税の再延期後、いったん実現が不透明になっていましたが、公明党の主張を受け、首相は参院選後の11日に「喫緊の課題だ」として、来年度の実施を決めました。

 

【大原一郎連絡先】

  • メールアドレス:i-ohara@mtb.biglobe.ne.jp
  • 電話番号:53-1111 内線285公明党控室
  • 自宅電話:63-7610
  • 自宅FAX:63-8345

 

大原一郎はfacebook
情報発信しています。

大原一郎のブログページ
大原一郎のブログページ

ーーーーリンクーーーーー

ーーーーーーーーーーーー

【大原一郎連絡先】

メールアドレス:

i-ohara@mtb.biglobe.ne.jp
電話番号:53-1111 

内線285公明党控室
自宅電話:63-7610
自宅FAX:63-8345

ーーーーーーーーーーーー

☆本日の公明ニュース☆

政策・実績 訴える3つのポイント
公明生活者を守る 石田政調会長に聞く
>> 続きを読む

生活者の声を国政に
上田氏が子育てママと懇談 横浜市
>> 続きを読む

安全・安心な社会築く
中川氏 街頭演説会で決意訴え
>> 続きを読む